何故独立?何故ジム開設?vol.3

January 10, 2016

こんにちは、山中です。年明けのゴタゴタでブログの更新が久しぶりになってしまいました。

何故独立シリーズ第3弾です。

少しでも安く練習がしたい、ラウンドを周りたい、これを可能にするのがシミュレーションゴルフなのです。あくまでこれは私個人の思いなのですが、ゴルフが上手くなるには試行錯誤が必要だと思っております。それには様々な状況での練習・ラウンドを重ねることが必要になるのですが。。。

 

調べてみると都内の打ちっ放しは平均で1球15円から20円。しかもそれには車を運転して行って、何時間もかけるケースも。一度の練習で100球程度打つとなると、単純計算で1500円から2000円。そして、苦労して行って100球で済むわけはない、、もっと練習がしたいと思い、練習をすればするほど、出費がかさみます。

昔から「うまくなるにはトラック一杯分のゴルフボールを打つべし」と言われますが、ざっと計算するとその数10万球以上。そしてそれだけの量の練習をこなすに は、単純計算で200万円ものお金がかかるのです。

しかも都内の打ちっ放しは、150yds以下でネットに当たるような狭い場所が多く、どのように球が飛んだか分からず、実際に自分が打った球がドローなのか、フェードが多いのかすら分かりません。そのような環境で、しかも練習が好きなだけできない状況でゴルフが上手くなるは、、正直難しいと思います。そして最終的には上達を諦めてしまったりして、ゴルフ離れに繋がってしまいます。。

ゴルフはクラブなど決して安くはない道具を使い、さらに日本ではプレー代、移動費、妙な伝統などもあり、その敷居はどんどん高くなっているように感じます。正直、私にはとても高いものです。そしてそれらは競技人口の低下に直結、そして競技人口の低下は、レベルそのものの低下に繋がっているように感じます。

 

私がアメリカで一人でゴルフを周っていた時に、たまたま大学生の息子さんとそのお父さんとペアを組んで周ることに。そして結果はそのお父さんに二人の若輩者はケチョンケチョンにされました。苦笑

そうなのです、ゴルフは60歳のプレーヤーが20歳のプレーヤーに同じ土俵で勝負し、そして勝つことが出来る数少ないスポーツなのです。それがこの競技の一つの魅力であると私は思います。

まだまだ続く、、また次回に。。

Please reload

最新記事

October 11, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

カテゴリー